2007年03月31日

今日のメビウスは。

今日はメビウスとあやかしあやしが最終回。
いつもと放送時間が違うので要注意ですよ奥さん。

最近はアニメを観る本数が激減しているのですが
この2作は毎週楽しみにしてたんで結構サミシイ。
と言いつつ、新番組2作も相当期待してたり。


深夜アニメは録画して観るのがなんだか面倒なので、避けがちなのだけど
コードギアスくらいは観ておくべきだったのかしら。
posted by シンのすけ at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ログ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

"Stormbringer "紹介。

sb表紙
いきなりアマゾンの画像と違う表紙なんですがアメコミにはよくある事。
気にしなーい。

【あらすじ】
永きに渡る戦争によってセイバートロン星は荒廃していた。
サンダーウィングは、荒廃する故郷で生きる手段として”プリテンダーシェル”を考案、
自らを実験台としたが、強大なパワーと引替えに彼は正気を失い、
その力によってセイバートロン星は焦土と化した。
sb00
オートボットとディセプティコンの同盟によって、サンダーウィングは倒されるが
彼のもたらした災害は故郷の星の環境にとどめを刺した。
セイバートロン星は居住不可能なまでに荒廃、トランスフォーマー達は故郷を離れ
宇宙中に散り散りになる事を余儀なくされた・・・。

そして現在。
sb001
衛星軌道上からセイバートロン星を調査していたジェットファイヤーとテックボットは
地中に正体不明のエネルギーの痕跡を観測する。
sb02
彼らは地表に上陸し調査を開始するが、姿の見えない敵に襲われ意識を失ってしまう。
目を覚ましたジェットファイヤーが見たもの、それは
倒したはずのサンダーウィングを崇拝する謎の集団だった・・。

sb03
さてさて、この”Stormbringer”、
以前紹介した”War within"シリーズとの関連については特に言及されていませんが
オプティマスプライムのデザインや、スプリンガー率いるレッカーズ部隊、
ブラジオン率いるカルト集団の存在など、”War within"シリーズとの関連を
におわせる要素がいくつも盛り込まれています。

関連、と言えば、
以前紹介した、”The Transformers 1: Infiltration ”と
この”Stormbringer”はどうやらひとつの物語だったようです。知らなかった。
いくつかのシーンで両作品のリンクが見てとれます。
sb05
↑左が”Infiltration ”時、右が”Stormbringer”での同じシーン。
”Infiltration ”ではメガトロンの通信内容はわかりませんでしたが
”Stormbringer”で、それがサンダーウィング復活を告げる
レーザークローからの通信だった事が明かされます。

順序としては”Infiltration ”→”Stormbringer”→そして
次回作”Escalation ”へと続きます。
うむむ、単に”War within"的な新作だと思っていたら、
こんな大きなお話になっていたとは・・・。
今作では惑星ネビュロスやプリテンダーも登場し、物語の広がりは
留まるところを知らない感じ。
これはまさか、マーベル版に双肩する”IDW版-TFユニバース”を構築する気なのか。
今後の広がりに期待〜(ヘッドマスターが見たいなぁ)。
ザンチ
【おまけ】
レッカーズの宇宙戦艦”XANTIUM"。
かっこええ!二枚の飛行甲板に艦橋、砲門!
見事なまでの和製宇宙戦艦デザイン、レッドホークというかアーガマというか。
アメリカ人はカブトガニみたいな流線UFOが好きなのかと思ったら
たまには話の分かるヤツがいるじゃない、ナイス!

まぁ、この1コマしか出ませんが。orz

The Transformers 2: Stormbringer (Transformers)
Simon Furman Don Figueroa
Idea & Design Works Llc (2007/03/31)
売り上げランキング: 2822
<
posted by シンのすけ at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アメコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

"The Transformers: Stormbringer "

やっと届いた”ストームブリンガー”!!
いやもう、ほんまにかっこええよ。

明日にでも詳しく紹介しますわ〜。

posted by シンのすけ at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アメコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

お買得!?

ダブルクラ00
海外版のダブルディーラーとドレッドウィンドを各300円でゲット!
やっぱダブルディーラーは海外版の色が渋くていい!
いやー!いい買い物したー!
ダブルクラ01
ウソじゃ、すまんの〜(横山たかし風)。
実はものすごいジャンク品なのでしたorz

改造パーツ用に購入したのだけど
海外版を改造パーツに使うってのもなかなか贅沢な話だわね。
posted by シンのすけ at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外TF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

ゼェェット!!

プリキュアの主題歌やたらカッコよくないか。
もはや70年代のスーパーロボだよ、コンバトラーだよ。

これでもし水木一郎氏の歌声だったなら・・・
「♪メタモル  フォ〜オオオゼ〜♪」
   ↓
「メタモルフォゼェェェッ!!!」
・・・うっ!?かっこよすぎる!いや、妄想だが。

「いいじゃん!すげーじゃん!」も水木氏が歌うと
やたらカッコ良く・・・いや、なんか面白くなりそうだ。
プリキュア5、スマイル go go!/キラキラしちゃってMy TrueLove!
工藤真由 宮本佳奈子 リクオ
マーベラスエンターテイメント (2007/03/07)
売り上げランキング: 80

posted by シンのすけ at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ログ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

キスぷれカセットロン。

キスぷれカセット
かなり悩んだのだけど結局買っちゃった。
だってロザンナの色がキュートすぎる!これはたまらん。
サンドルはオレンジ色が濁り気味なのがちょいと残念・・・。
ま、ちょっとお高いけど、新品のカセットロンが手に入ったのだから良し!
実は初カセットロン、テンションあがる〜。


商品付属ブックレットによると、
「商品化の経緯として、まずは出演者3人が気に入ったカセットロンを選択、
イラストを元に自ら着色・・・」云々とあります。

『あたしスラムダンスがいい!」
「じゃ、あたしスクォークボックス。」
「オーバーキルかスラッグフェスト・・・どっちにしよう?!」
そんなチョイスをしてくれる3人組なら一生ついていったんだが。
posted by シンのすけ at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | TFその他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

祝 The Dark Ages 再発売。

←サイドバーにも書きましたが、"War Within 2 - The Dark Ages" が
再発売されるので、改めて"War Within "シリーズを 紹介してみようかな。
今回は絵のハナシでも。
wwin01
↑これが"war within1"の絵柄。
セル画風ですな。色使いが少々安っぽいものの、作画は安定しているので
読みやすい絵柄です。
シリーズで唯一日本語版が発売されているので、未見のTFファンには
是非読んで頂きたい。
トランスフォーマーウォー・ウィズィン (#1)
Simon Furman Don Figueroa 石川 裕人 秋友 克也
ジャイブ (2004/03/15)
売り上げランキング: 209736

wwin02
↑"war within 2 Dark Ages"
”1”とはタッチがガラリと変わって、暗めの色彩です。
慢性的なエネルギー不足から都市からは灯りが失われており、
そのため全編を通して薄暗い描写が続きます。
同時に、プライムとメガトロン、2人のリーダーを失った
混迷の時代を表す薄暗さでもあります。
そんな暗い世界と、先史のTF”フォールン”の炎をまとった姿との対比がすばらしく、
個人的には3つのwar withinの中で一番好きな作画です。
↓再発売版
Transformers 2: War Within (Transformers)
Simon Furman Don Figueroa
Idea & Design Works Llc (2007/05/30)

wwin03
↑"war within 3 Age of wrath"
特徴的な”2”とは変わって、セル画風のスタンダードな作画と配色です。
”1”と比べると彩色の質がかなり上がっていて完成度は格段に上。
非常に期待していたシリーズなんですが・・・。
なんとか再開して欲しいもんです。


アメコミって、英語だし、読みにくいし、なんか濃いし・・・、
そんな風に敬遠してる人多いと思いますが、
TVシリーズが無い今だからこそ、ちょっと手ぇ出してみるのもイイかもです。
濃く、深いTFの世界が待ってます。ヘ(-ω- )オイデ オイデ
posted by シンのすけ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | アメコミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひかり伝3。

関西でもようやくひかり伝3が発売になったわけですが、
ウワサどおり、全然出ませんな七因王。
一箱買ってやっと2枚、「動」と「豊」でした。
このペースだと、7人揃うまで何箱買わなあかんねん!と思い、
バラ買いに路線変更したところ、2枚でました。やった!
「動」と「豊」。

この確率でなぜダブるか?!
posted by シンのすけ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ビックリマン。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

締切が近付くと掃除をしたくなる。

遺伝子の時点でヲタクなので、子供の頃から物持ちがいい。
森永版00
カバヤのチョコボール版のクロームドームとキャブ。
100円の食玩でちゃんと変形をこなすんだからスゴイ
(まぁ、ヘッドマスター期の変形がカンタンってのもありますが)。
人型と頭部それぞれの形態のクロームが付属という大サービスをしつつ、
残念ながらビークル時のコクピットが開かないという片手落ち。
せっかくサービスしたのに人型は常時余剰パーツかい・・・。

キャブはヘッドオンギミックが省略されていて、頭部は外れません。
森永版01
ロボット形態。
肉抜き穴を大胆にフロントに配したパーツレイアウトが不安感を誘う!
大丈夫大丈夫、変形間違いじゃないよ。
とはいえ、
プロポーションは玩具版を見事に再現してるし、両者の身長差もいい感じ。

これが100円で買えたなんて、いい時代だったなぁ。
posted by シンのすけ at 17:28| Comment(3) | TrackBack(0) | ロボTOY。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

のだめちゃん式学習法。

昨年の末から英会話学校に通ってます(何かと話題のピンクのウサギの学校)。
もちろん目的は「アメコミを原文で読むため」。
目的がハッキリしてると勉強ってのは楽しいもんだわー。

自宅での勉強に使ってるのがコレ↓。
パワーパフ・ガールズ:カレは強敵!編
ワーナー・ホーム・ビデオ (2006/12/08)
売り上げランキング: 4350

500円で15分×3話収録。もちろん日本語と英語音声を収録。
相当リーズナブルなシリーズです。

まず日本語で観て、それから英語音声で観る、
好きな物ってのは観てて飽きないし、勉強にはもってこいなのデス。
1話15分なので手軽に観れるのもイイ。
ちなみにトランスフォーマーG1のDVD-BOXは、残念ながら日本語音声のみ、
残念デス・・・。

このシリーズはスーパーなんかでもよく売ってるのだけど、
かなり売れ行きが良さそう。スーパーだと実売400円を切るので
子供にも買い与えやすいのかしらん。
G1トランスフォーマーもこのスタイルで発売してくれないものかなぁ。
子供にTFを浸透させるにはかなり効果的だと思うのだけど。
トランスフォーマー ビーストウォーズ TM��01 コンボイ
タカラ (2007/03/22)
売り上げランキング: 278

うーん、比べると割高感あるよなぁ、「テレもちゃ」。
posted by シンのすけ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ログ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

独特。

G2コンボイの顔ってカッコイイ。
直線的で無機質で冷徹、機械的な造型とでもいうか。
顔だけじゃなく、全身がなんともドライな線で構成されてて、
こういうデザインの雰囲気はG2期独特のものだと思う。
スモークスクリーンも似た雰囲気でいいカオしてる。
G2オプ
部屋の掃除してたら、ずっと行方知れずだった市川裕文氏の伝説の同人誌
”transformers chronicles"を発見。よかったー捨ててなかったんだ。
こういう本気の同人誌ってのはいい。やる気でてくる。

posted by シンのすけ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ロボTOY。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする