2016年11月24日

またプラモを。

■塗装の練習をしたくて、素組みのまま放置していたアスタロトのフレームに
Mr.カラーで下地塗りをしました。
素組みで塗装するなら、下地塗りはランナー状態で済ませた方が楽そうだなぁ。
PB241708.jpg
とにかく塗装の練習をしたい!という一心だったので、パーティングラインの処理もせず塗ってしまいましたが、練習ならそこもちゃんとしなきゃダメだろうと心の声が叫んでいる気もします。

ガルバルディβを塗った後にオルフェンズのキットを塗ると、パーツ分割が丁寧で塗りやすさに配慮してる事がヒシヒシと伝わるのですが、その分パーツが細かく数も多いので昔のキットより精密で地道な作業を求められてる印象。
正直、パーツの小ささが目がとてもキビシイです…旧キット1/100くらいがオッサンの目にはちょうど良いのかもしれない。
posted by シンのすけ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | プラモ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック